• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

ホイール

ホイール=車を支える役割だけだと思っていませんか?
車の印象をガラリと変えることのできる、重要なパーツなのです。
車に合ったホイールで、タイヤのおしゃれを楽しみましょう!

オススメのスタッドレスタイヤ&ホイールセット 〜205/60R16編〜

2016.12.27 (Tue)初心者向け
087ee07f3054e29372a9aad70d71e1956_l

road

スタッドレスタイヤ&ホイールセット8選

スタッドレスタイヤとホイールを買うとき、
組み合わせで迷ってしまうことはないだろうか…。

愛車に合うサイズのものを、ただ選べばいいのか。
否、スタッドレスタイヤの性能を生かせる組み合わせを模索するべきか。

現実問題、全ての組み合わせを試してみることは難しい。
しかし、プロが選んだものの中から絞れば、
性能を充分に活かせる組み合わせを選べるのではないだろうか?

タイヤフッドマガジンがお勧めする
スタッドレスタイヤ&ホイールセット8選「205/60R16」編。

・ノア
・ヴォクシー
・プリウスα
・ジューク

これらの車種に向いているタイヤを紹介しよう。

組み合わせとして選ばれたホイールはWedsの「JOKER SHOTT」だ。
1000時間の塩水実験をクリアしているため、
融雪剤(塩化カルシウム)の上を走ることになっても安心である。

耐久力があって、どのタイヤとも合わせやすい
優秀なホイールなのだ。

 

iceGUARD TRIPLE PLUS IG30 & JOKER SHOTT

tf205_60_1

こちらはYOKOHAMAのタイヤ「iceGUARD TRIPLE PLUS IG30」と、
Wedsのホイール「JOKER SHOTT」のセット。

スタッドレスタイヤは燃費が悪くなりがちだが、
このタイヤは省燃費性能がプラスされている。
氷上性能が優れているだけでなく、
燃費も考慮されているのが実にいい。

このセットのページはこちら
iceGUARD TRIPLE PLUS IG30 & JOKER SHOTT>

 

OBSERVE GARIT GIZ & JOKER SHOTT

tf205_60_2

こちらはTOYOTIREのタイヤ「OBSERVE GARIT GIZ」と、
Wedsのホイール「JOKER SHOTT」のセット。

吸水力が抜群に良いタイヤは、
氷上の水分を吸水するためスリップしづらい。
アイス性能の高さが信頼に値する
スタッドレスタイヤだ。

このセットのページはこちら
OBSERVE GARIT GIZ & JOKER SHOTT>

 

WINTER MAXX WM01 & JOKER SHOTT

tf205_60_3

こちらはDUNLOPのタイヤ「WINTER MAXX WM01」と、
Wedsのホイール「JOKER SHOTT」のセット。

ハイスペックなタイヤは、強力なブレーキ性能がある。
加えて磨耗しづらく、ライフ性能も兼ね備えているのだ。
「スタッドレスタイヤは磨耗しやすい」という常識を覆す逸品。

このセットのページはこちら
WINTER MAXX WM01 & JOKER SHOTT>

 

BLIZZAK REVO GZ & JOKER SHOTT

tf205_60_4

こちらはBRIDGESTONEのタイヤ「BLIZZAK REVO GZ」と、
Wedsのホイール「JOKER SHOTT」のセット。

凍った路上でスリップしてしまうのは、
氷の表面に薄い水膜があるのが原因だ。
このタイヤに使われている「レボ発泡ゴムGZ」は、
氷上の水膜を効果的に除去し、優れたグリップカを発揮する。

ドライ路面での安定性も計算されていて
満足度・安心感ともに高く評価できる。

このセットのページはこちら
BLIZZAK REVO GZ & JOKER SHOTT>

 

BLIZZAK VRX & JOKER SHOTT

tf205_60_5

こちらはBRIDGESTONEのタイヤ「BLIZZAK VRX」と、
Wedsのホイール「JOKER SHOTT」のセット。

安全性を考慮した最高性能のタイヤは、
雪道に不慣れな者でも
安心してドライビングを楽しむことができる。

季節問わず運転を楽しみたい人にお勧めしたい。

このセットのページはこちら
BLIZZAK VRX & JOKER SHOTT>

 

ContiVikingContact ContiVikingContact 6 & JOKER SHOTT

tf205_60_6

こちらはContinentalのタイヤ「ContiVikingContact ContiVikingContact 6」と、
Wedsのホイール「JOKER SHOTT」のセット。

「ドライ・雪上・氷上」という、冬に走る路面での走行性能を強化。
「転がり抵抗の削減」や「耐摩擦性」も高め、
全ての要素を絶妙なバランスで実現させた
オールマイティーなスタッドレスタイヤだ。

このセットのページはこちら
ContiVikingContact ContiVikingContact 6 & JOKER SHOTT>

 

ICE ASIMMETRICO WiceA & JOKER SHOTT

tf205_60_7

こちらはPIRELLIのタイヤ「ICE ASIMMETRICO WiceA」と、
Wedsのホイール「JOKER SHOTT」のセット。
こちらのホイールのリム幅は6インチだ。

ピレリのタイヤはスポーティーパワー性能が特徴だが、
スタッドレスタイヤでも妥協せず、パワーとコントロール性能の両立を実現。

ドライビングと安全性、どちらも重視したい人にお勧めだ。

このセットのページはこちら
ICE ASIMMETRICO WiceA & JOKER SHOTT>

 

ICE ASIMMETRICO WiceA & JOKER SHOTT

tf205_60_8

こちらは上のタイヤと同じPIRELLIの「ICE ASIMMETRICO WiceA」。
セットのホイールはWedsの「JOKER SHOTT」で、
リム幅が6.5インチとなっている。
好みに合わせて選んで欲しい。

このセットのページはこちら
ICE ASIMMETRICO WiceA & JOKER SHOTT>

 

プロが選ぶから、信頼できる

プロが選んだ組み合わせなら、
タイヤとホイールの相性で悩むことはないだろう。

あとは、自身が求める性能を備えた
スタッドレスタイヤを選べばいいだけだ。

路面状況問わず、安心してドライブできる喜び。
スタッドレスタイヤに変える醍醐味ではないだろうか。

是非、実現するための参考にして欲しい。

 

この記事を書いた人

T.KT.K
TIREHOOD MAGAZINEライター

タイヤは何でもいい派だったが、最近、車を購入して一気に車熱到来!
どのタイヤとホイールに履き替えるか、夢膨らむ毎日を過ごしています。(笑)
週末は、自慢の愛車でドライブするのが今の楽しみです。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。