• タイヤフッドマガジン
  • 新着情報
  • タイヤを知る
  • タイヤを選ぶ
  • メンテナンス
  • オススメ
  • ホイール
  • 特集記事
このサイトについて
プライバシーポリシー

メンテナンス

日々のチェックや、保管状態でタイヤの寿命は変わります。
正しいメンテナンスや、保管方法を身につけ、
より長く、安全に走行できるタイヤを保ちましょう!

タイヤ交換のサインって!?

2016.12.27 (Tue)初心者向け

punk

 

「タイヤ交換のタイミングが分かんないんだよねぇ」

「チェックポイントはいろいろあるけど、スリップサインが出てたら即交換だよ!」

「スリップサイン…?初めて聞いたかも…」

 


メンテナンスに関することってなんだか難しいし、
よく分からないことが多いですよね。

 

はい!ということで今回は、
タイヤ交換時期の目安になる、チェックポイントをご紹介しま~す*

 

 

 タイヤ交換のタイミングを知る3つのチェックポイント

チェックするポイントは、たったの3つ!
1つでも当てはまったらタイヤ交換のタイミングですよ~。

 

では早速見ていきましょう*

 

 

チェックポイント① タイヤの溝をよ~く見て!

 

タイヤには、交換時期を教えてくれる「スリップサイン」というものがあるんです!

 

0y8a0798_natsu_ss

 

矢印の箇所がスリップサインです。

このスリップサインは、溝の奥底にいるんですが、溝が1.6mm以下になると現れます。

タイヤの溝は路面の水を排出する重要な役割があるんです!

溝が浅くなった状態で雨の日に運転した場合、
車が水の上を滑ってしまい、ブレーキやハンドル操作がきかなくなってしまうことも…。

怖いですよねぇ。。。

ちなみにスリップサインが出ているタイヤでの走行は法令により禁止されているので、
残りの溝が2~3mmになったら交換するのがオススメ*

 

 

img_0497

 

 

ちなみに、スリップサインの溝の位置は、
タイヤのサイド部にある矢印のマークがついている先にありますよ!

 

 

チェックポイント② タイヤにひび割れや傷がない?

 

img_0516r

 

タイヤの側面にひび割れがあるのが分かりますか?

タイヤの側面は特にゴムが薄い部分なので、
大きなひび割れになる前に交換が必要ですよ。

溝がまだしっかり残っていても、ひび割れや傷がある状態はとてもキケン。
走行中に破裂してしまい 大事故を招く可能性も。。。

 

 

チェックポイント③ タイヤが製造された時期を確認しよう!

 

タイヤは走行距離に関係なく、どんどん劣化していくんです。
これは保管しているタイヤでも同じこと。

保管状態や使用状況によっても違うけれど、5年程度が交換の時期。

「製造された時期なんてわかんないよぉ~」

そんなあなたに朗報*

実は、タイヤには製造された時期が4桁の数字で表記されているんです!

 

img_0550%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

 


最初の2桁が製造週で、残りの2桁が製造年。

「3016」なら、2016年の30週目に製造されたタイヤということです。

今すぐ愛車のタイヤを確認したくなってきませんか?
私はすぐさま確認しました(笑)

溝もしっかり残っていて、見た目はキレイだとしても、
タイヤは年を重ねるごとに劣化していきます。

タイヤ年齢を知っておけば、交換時期の目安が分かりますよね。

 

タイヤ交換の時期をしっかり見極めて、ワンランク上のドライバーを目指しましょ*

 

 

この記事を書いた人

M.NM.N
TIREHOODライター

ドライブ好きな29歳。
休みの日になると一人行き当たりばったりな旅を楽しんでいます。
TIREHOODをきっかけにタイヤの奥深さにハマり、現在勉強中!
いつかタイヤ女子部なるものを立ち上げたいと妄想しています。

タイヤの選び方

国内外の有名ブランド新品タイヤをネットだからできる納得価格で販売。